ウチダゴウ

毎朝犬と歩く森の散歩道には、小川が沿って流れている。暖かい季節は、股下まで浸かって、そこでしばらく涼む。滝壺に湧く泡の中に、何かが光った。手を突っ込んでみると、魔法の杖だった。妻や友人の目には、ただの棒としか見えないらしい。おもちゃはもう買わないけれど、魔法の杖は拾い集めている。

プロフィール

詩人。「してきなしごと」代表。詩の執筆の他、ネーミング、ロゴやシンボルマークのデザイン、ドローイングも手がける。全国各地で個展・朗読会を開催。英国・スコットランドを第二の拠点とし、現地でも執筆や朗読を行なう。雑誌『nice things.』にて連載中。北アルプスの麓に暮らす。

https://shitekinashigoto.com


企画・お問い合わせ
タナビケ www.tanabike.com