うめだあいこ

うつわの絵付けに用いる「唐子」をモチーフにしました。唐子は、中国の子どものことで、子孫繁栄の縁起物として古くから描かれてきました。おもちゃを追って、宙を舞うように軽やか遊び、にこにこ顔。子どもが夢中でいられることは、しあわせの象徴に見えてきます。

プロフィール

やきものの絵付け職人。京都の窯元に勤めながら、個人でうつわを制作。昔の骨董の技法や筆づかいをお手本に、現代のくらしがアガるうつわを日々考えています。

http://umedaaiko.wix.com/home


企画・お問い合わせ
タナビケ www.tanabike.com